TPP大筋合意しましたね

TPPと著作権のカラミ

今日はとっても真面目なお話を一つ。
もちろんオナニーとは全く関係はありませんが
「動画」という絡みでいえばものすごく関連のある内容になるかと思います。

注)私の足りない知識でつらつら書き述べていきますので、間違いがあるかもしません。
ご指摘の際はメールにてお願いいたします。

TPPと著作権、全く関係のないことかと思っているかもしれませんが
実はそんなこともなく、少し報道になりましたが著作権侵害についてどのように扱うか
これについて、各国の利害が対立していたのも事実だったりします。

アメリカにおいては議会に圧力をかけてまで著作権保護年数を延ばしている団体がある

詳しいことは知れベていただければすぐにわかります。
ここで当該団体について述べることは差し控えますが(いろいろやばいので)
アメリカさんとしては、著作権は厳重に保護したいのです。

というか、今までの日本が著作権と言う権利について甘すぎたということも言えるでしょう。
実際のところ、(もちろん私の知る限り)学校教員が学校の指導業務として使用する以外
著作権侵害と当たる行為、すなわち、複製行為などは禁止されているはずなのです。
そこを今までは、なあなあで済ませていましたが、もっと厳しい目線を向けなければいけなくなります。
実際そのような動きもあるようです。(特に教育産業においては)

日本として譲れないもの

クールジャパンを掲げる日本として、二次元創作に対しては譲れないものの一つになるかもしれません。
とは言え、それでも許可が中々下りないキャラクターがあるのも事実です。
以前見たCSの番組で「子どもが囲碁を打つ」時にきて着た服が「某鼠系キャラクター」だったため
「服全体に大きなぼかしが入った」という物悲しい映像があったのをはっきり覚えています。
(ぼかしとは言え、よくよく見れば「ああ、あのキャラね」とわかりそうなものでした)

某声優さんが生放送であるキャラクターの声を出したところ
そのキャラクターの版元から、「今度やったら、キャラクターの役を下ろす」と圧力がかかったと
話していたこともありました。

また、あるインターネットチャンネルが、映像を募集するときに
「権利関係がある服を着て送ったり、コスプレをしえ送るのは控えてください」という感じのことを
はっきり言っていたことを覚えています。

それくらい三次元については(二次元についてもですが)
著作権が厳しくなっているのも事実です!
ですので、これからは日本としてクールジャパンを推進する上で
キャラのパクリは次第に縮小していく傾向になるのかもしれませんね。

で、何が言いたいの?

ここで大切なのは、三次元創作物に対しては
日本も著作権保護を明確にして、しかも厳重にしてくることが予想されます。
つまり、「アダルト動画」についても例外ではないということです。

私のサイトの場合、権利者から正当な権利を受けて
動画を某所にアップロードし配信していることになっています。(契約代理店に確認済み)
最近の記事が動画なしなのも、権利者が動画提供をしてくれないということです。
(という言い訳をしてしまいますが、これが事実だったりします)

ですので、今後は違法ダウンロードはもちろんのこと
違法アップロードについても今まで以上に厳しいものになることは確かです。
一応日本は法治国家です。遵法精神がなければこういうサイトも運営できません。

無料動画配信サイトの淘汰や、権利のない動画を平気で配信している有料動画配信サイトの淘汰も
今後より一層厳しいものになると予想されます。
もちろんですが、違法アップロードと知りながら、当該ファイルをダウンロードする行為は
現行法で処罰の対象になります(通称:違法ダウンロード法をご参照ください)

タダより高いものはない

昔の人は良く言ったものですが、価値のないものに金を払う人はいませんが
金を払う価値がないものを、自分のHDDなどに保存するなどしてしまうと
あとで、それ相応の高い代償が待っているということを肝に銘じておいたほうがいいということです。
(JADEさんについてはダウンロードすら期限を決めていますので、その点は改善してほしいですが)

もちろん、有料で見たいと思わないものがたくさん氾濫しているのも確かです。
地上波については、「広告をみる」代わりに「無料で見せる」という手法をとっています、
インターネットの世界でも、一度appストアーに上がった、広告除去アプリが開始数日で取り下げられ
アプリ対策についてもグーグルやその他サイトが「広告をみなければサイトを使わせない」
という対処を施したのは、最近のインターネットニュースを調べればすぐにわかることです。

つまり「何かサービスを受ける」ということは「それなりの対価を払う」というのが
世界的なスタンダードになっているわけです。
無料でなんでも楽しめる世界はそうそうないということでしょうか。

では、今後どうなるの?

悪く言ってしまえば、今後著作権についてはアメリカンスタンダードを押しつけられる立場になる日本。
様々な団体(警察を含む)が著作権がらみの活動を活発にさせると予想されます。
いざ警察がやってきて、「そんなこと知りませんでした」では済みません。
(このサイトは18歳未満入室禁止であることを明記しています)

その動画が正当な権利者、もしくはその許諾を受けた人の配信しているものかを確認することは
今後動画配信サイトと上手に付き合う上で、とても大切なことになることでしょう。


Comments are closed